トップ  > 電力マネージャー  > エネルギー管理システム

エネルギー管理システム

ミライの電力マネージャー 


あなたの事業所の電力使用量は「適切」ですか?
【電力マネージャー導入の目的】
電力マネージャーを導入する目的は、事業所の(エネルギー)の有効利用を促進し、コストパフォーマンスを向上させることにあります。そのためには以下の2つが重要です。
  • 空調を止めたり電灯を消したりして消費電力を下げることは単なる省エネで、一時的なコストダウンでしかありません。※例えば毎月5%づつ電気料金を削減する事業者が20ヶ月継続したら、電気料金は0円にできますが、現実には不可能です。
  • 電力マネージャーは適切な電力運用をご提案し、継続することによって結果的に「電気料金を下げるお手伝いをするシステム」です。そのためにはまず「現在の状況を正確に把握すること」が重要です。

【電力料金の仕組】
  • 月々支払っている電気料金は、概ね以下の公式で算出されています。
電気料金=基本料金+電力使用量金
基本料金=使用電力量からデマンドによって決められる契約料金です。(1年間不変)
電力使用料金=毎月使用された電力量に対して課金されます。(毎月変動)
【デマンドとは…】
  • 基本料金を左右するデマンドとは、30分単位で使用した最大電力量のことです。
1年間で最も、使用電力が大きい30分間の値を元に基本料金が決められます。
※1年間(30分☓17,520回)の内で、17,519回は電気を10使用していたのに、たまたま1回だけ100を使用したとすると、たった1回の100によって基本料金が決定し、その料金が1年間継続します。
「電力マネージャー」を使うことにより、デマンド監視ができるので、たまたまの1回を見逃さないで済む等、様々な対策を打つことができます。

【電気料金プランの選定】
  • 電力会社ごとにいくつかの電気料金プランが用意されています。
  • 電力マネージャーで、様々なデーターを集めることにより、より最適なプランを選択が可能となります。

電気料金を下げるお手伝いをするシステム
『電力マネージャー』は、電力運用の見直しや省エネへの取り組みをサポートする
エネルギーマネジメントシステムです。
電力マネージャーを導入することによって、事業所の電力(エネルギー)の有効利用を促進。
コストパフォーマンスを向上させることができます。

まずはお気軽にご相談ください。
【特長】
■電力運用の見直しに貢献
■無駄なコスト削減
■省エネへの取り組みに貢献
■エネルギーの有効利用

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
電力マネージャーカタログダウンロード

株式会社KDP 
EcoLEDz事業部

〒 552-0021

大阪府大阪市港区築港2-1-2 
第一大阪港ビル4F

TEL:06-6577-2977

FAX:06-6577-2978